リハビリ報告会

第5回リハビリ報告会

第5回リハビリ報告会 

10月末の退院にともないリハビリ報告会も最終になります
1回目の報告書を見るとリハビリの成果がよく判ります。

10月4日
理学療法
歩行での安定性、耐久性ともに向上がみられ病院内杖なし歩行自立としました。
屋外においてもつまずきなく安定して行なえています。
ランニング訓練では介助が不要となり、見守りにて行なえるようになってきています。
また職場復帰を想定して10kgの重りを持った歩行など行なっていますが、徐々に腕や
手の力がつき距離が少しずつのびてきています。自転車についてはまたぐ動作に
軽く支える介助を要すとともに、こぎだしに若干ふらつきがみられるので見守りが必要です。

作業療法
現在、手指の関節可動域訓練、握力訓練、技術動作訓練を中心に行なっております
手指の関節の固さは若干改善しており右9kg、左5kgと前回よりも向上がみられ
自転車のブレーキも可能です。また左右とも手指の分離した動作が改善し
ぬり箸の操作性も向上がみられます。
病棟内の日常生活はほぼ自立しており薬の管理、インシュリンの自己注射も可能です。

第4回リハビリ報告会

9月5日
第4回リハビリ報告会

リハビリテーション状況
理学療法
前回に比べ歩行における安定性、スピードの向上がみられ、また耐久性の向上もみられています。
今後はさらなるバランス能力の向上や応用動作の獲得、
走行や自転車など可能な範囲での練習を目標にリハビリを行なっていこうと思います。

作業療法
手指の固さは残存しておりますが、握力の向上がみられ右6Kg、左2kgとなっており
物を握る摘む力が向上しています。また右指は指同士を分離して動かすことに
改善がみられ訓練ではぬり箸の操作も行ないはじめました。
日常生活では入浴が家庭浴で可能となっていますが、洗体具の工夫が必要です。
また、更衣動作で立位をとる際ふらつきがみられますので、
今後の作業療法では、手指、腕の訓練と立位動作訓練をおこなっていきたいと思っております。

第3回リハビリ報告会

8月11日
リハビリテーション経過報告書

理学療法
現在、屋内歩行は杖無しで安定性、スピードともに向上がみられています。
屋外についてはロフストランド杖1本にて見守りにて可能となってきました
階段も杖1本にて見守りで可能です、床上での動作練習も始めており、台を
使用すれば床で寝たり起き上がる事ができるようになってきました。
今後は各動作の安定性と耐久性の向上を目標に進めていこうと思います。

作業療法
左右ともに手指の力が向上しており、握る、摘むなどの動作が力強く行なえるように
なっております。そのため、衣服を掴む事が可能となり、上衣、下衣ともに自力で行なえ
るようになっております。加えて、脚の支持も向上がみられていることから日中の
トイレ動作の自立にて行なうことができます。
今後は現在介助を必要としている入浴動作の評価、動作指導を行ない、
まずは介助で家庭風呂への入浴を目標に訓練をすすめます。

第2回リハビリ報告会

7月14日

リハビリテーション経過報告書

理学療法
左右下肢筋力ともに筋力の向上が見られ、左下肢も持ち上げる方向で
弱さが見られましたが徐々に改善がみられています。
歩行はロフトランド杖1本にてスピード、安定性ともに向上性がみられ、
1本杖(T字杖)での歩行も見守りで可能となりましたが、杖無しでは左下肢股関節周囲の
弱さにより軽く支えを要しますが数メートル見守りで行なえるようになっています。

作業療法
左右上肢ともに筋力向上が見られ、特に全く力の入らなかった肘を
伸ばす力が改善して来ており
車椅子駆動のスピードや起き上がりの時のプッシュアップも可能になっております
また手指の力も向上がみられ書字や握りも用いたスプーン操作も
できるようになっております。
一方、指は関節の固さが残存しているため自主訓練によるストレッチが必要です。

第1回リハビリ報告会

この病院に入院してから10日目
リハビリテーション経過報告書

6月9日
理学療法(K先生)
両脚、体幹の麻痺による筋力低下がみられ、特に左側の低下が強い状況です
そのために起居動作に介助を要すとともに、車イスへの乗り移り立ち上がりなどに
軽度~中程度の介助が必要です。立位保持は支持物を握持する事で見守りにて可能です。
歩行は平行棒内にて軽度~中程度の介助を要しますが徐々に軽減が見られてきています。
筋力強化や動作、歩行訓練を中心にリハビリをすすめてこうと思います。

作業療法(H先生)
両手ともに痺れと感覚の低下、筋力の低下が見られています、特に手首~指先に掛けて
著しい筋力低下が見られ、握り、つまみの動作に努力量の多い状況です。
またお腹と足の力も弱いため、現在車イス、ベッド上での日常生活が中心となっています。
食事はカフを用いてセッティング下で可能、上衣の着脱には半分以上の介助が必要
整容も介助となっております。作業療法では筋力強化供にカフを用いた日常生活の
獲得を目標に訓練をすすめます。

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ