« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

9月末

今月は距離を伸ばすことが出来ず、今日は、トータル距離稼ぎに少々走った。

目標距離3600kmまで9km以上。

しかし、CR上では羽虫の発生が凄かったので田んぼに向かい一般道へ。

そして、ついでなのであちこちと20kmを走ってきた。

9月 356km(13日) トータル 3611km

秋山川ツアー 動画編

秋山川ツアー

以前、Aさんと山方面に行こうと相談していたら、葛生のhiroさんより「秋山川の方のそばかラーメンを食べに走って来て」とのお誘いがあり、お世話になることにしました。

ルートは、栃木緑地公園に集まり、hiroさんの案内で、長坂林道~秋山川沿いの裏道を走り、秋山学寮の先まで走り、折り返すルート。

ただ、私が長坂林道(琴平峠)を上ると、大変遅くなり時間が掛かってしまうので、車でサポートして、葛生壱番館からのスタートとさせて頂き、その後の距離を設定してもらいました。

そして、昼食の目標「そば」の所には距離がちょっとあるので変更し、その手前に「原人ラーメン」という美味しい所があるとのことでお任せしました。

参加の皆さんは、hiroさん、Aさんご夫婦、スペシャルゲストへばなさん、シーさん、私の6人。

9時、緑地公園をスタート。

003

足慣らしの平地を過ぎ、早速長坂林道へ。

木漏れ日があり大変涼しそうなヒルクライム。(私は車で楽ちんw)

004 010 012

下って、壱番館から再スタート。

のどかなそば畑の風景を見て、おしゃべりしながらのサイクリング。

019 022 026 023

でも、私には微妙に登っている傾斜が大分、分かります。ギヤを一枚軽くしないと皆さんと一緒に走れない。そして額に汗が(笑)

他の方は聞くと平地のようで気にならないとのこと。

027 028_2 
このことが証明されたのは言うまでもなく折り返しの帰路でした。

皆さん、「結構登ってきたんだなぁ」てな感じでした。(皆/マヒ)

秋山学寮まで15km。その先の「アベ酒店」で飲み物の補給して折り返し。

032 033 035 下の清流

 034 ←胡桃 

5km戻って、「原人ラーメン」の松崎さんに。

040 039 反対側

「原人ラーメン」塩味で麺は太く、胡椒の効いたお肉とわかめがトッピングされていて、美味しいラーメンでした。(注:原人ラーメンの量は大盛りです。他は普通)

041

食後、私とAさんは、「病み中w」と言うことで下ることに。

他の皆さんは、走りたりないとのことで、hiroさん案内で一山越えに走るとのこと。バイバーイ!!

042

そして、壱番館につき、車に自転車を乗せて一休みすると皆さん合流。

その中に、ナマズジャージのkymさんが合流。トレの合間に壱番館に寄ったとのこと。

043

そして、補給の合間に名物の「芋フライ」を頂きました。どうもごちそうさまでしたぁ。

044 美味しいッ!

壱番館から、帰宅予定のhiroさんも「芋フライ」をごちそうになったからには長坂の頂上まで見送りしないとのことで、お付き合いして頂きました。m(_ _)m

045 046 047

下って、緑地公園で解散。お疲れ様でしたぁ。

私、峠は走りませんでしたが、皆さんの走りを見て、本日は充分走った疲れを味わうことが出来ました。(虫が良すぎると言わないでねw)

また宜しくお願い致します。(次回、少し登ります)

今回動画をたっぷりと撮りましたので、後日アップしたいとおもいます。

本日の走行 33km (25日・22km)

21日

夕方一走り。

玉葉橋往復。

涼しくて気持ちよかった。

16km

17日

久々の南風の江戸川峠。(風速4)

なので越谷GCまで走ってみた。

「行きはヨレヨレ帰りは楽ちん」、だったが追い風はやはり暑かった。

走行21km

側道経由

朝7時過ぎ、朝練途中のシーさんより、Aさんに会い、これから当方に向かうとのTELがあった。

体調を崩していて、久々に走ってこられた。ここまで37km。

家で、しばらく談話して暑くなる前に帰ると言うことで、関宿城までお見送りに御一緒することとなった。

途中で、道の駅庄和に行ったことがないと言うことで、案内し、中を見回ってみた。

朝の内だったので、野菜、調理パン、おにぎり、名物まんじゅうなど、いっぱい盛りつけてあった。

ここからは、R4側道を使い、のんびりと、関宿城まで。

中の休憩所でしばし談笑して、次回は山の方に走ることを約束してお互い帰路についた。

走行38km

13日

関宿城往復。

利根川上流で雨が降ったのか、江戸川の水位が少し上がっていた。

それにしても残暑がキツイですねぇ。

走行36km

運転

今日は運転免許証の更新に行ってきた。(5年ぶり)

ケガをしたのが4年前。

でも、回復したので良かったぁ。

ケガの一年後は、OT,PTの先生から車に乗るには、運転免許センターで審査を受けないと乗ってはだめですと、言われました。

今思えば、当時運転席に座って、シートベルトを差すことが出来ない、パーキングブレーキのノッチが押せない、エンジンキーが重くて回せない、ハンドルが上手く回せない、アクセルとブレーキの感覚が分らない、状態でした。

でも、数年後、徐々に腕の力も付き、指の力も付き、エンジンを一人で動かすことが出来、ハンドルも少しは回るようになりました。

その後、白内障の手術と、硝子体の手術をして視力もイマイチでしたが、

今回は、歩くのも違和感の無いよう、しゃきしゃきと進み、目の検査もメガネをきれいにして、集中してみました。(爆)

その結果、今回は申請の許可がおりました。(ホッ)

次は5年後65歳、更新出来るように頑張らないと。

尚、運転には慎重に慎重を重ねて行っていますので、安心して見守ってください。m(_ _)m

逆井城址公園ツアー

一月空いた9月のイベント「逆井城址公園ツアー」を走りました。

参加者は初参加の、飛翔さん、ウェルダ-さん、momoさん、白森さん、デンチュウさん、シーさん、Kuni、の7名。

その前に

8時30分頃、皆さんがあつまり準備しているとき、CRを見ていたら、サイクリストが車止めに、激突する瞬間を見てしまった。体が宙に浮いて回転して地面に落ちるまで見えた。私のようになっていないことを祈り、すぐに援助に向かいダメージを見るが、意識ははっきりしていてる、でも動けない状態なので、すぐに救急車の手配をした。

当人は、よそ見をしてしまったらしい。

とりあえず、自転車を預かり病院へ向かってもらった。

(セマス新松戸の朝練のスタッフがケガの対応に適切な処置も良かったです。)

なお、イベント終了し帰宅したところ、怪我をした本人と家族が見えて骨折もなく大事には至らないことなり、バイクを引き取り帰宅した模様だった。(私は遅くなってしまい後で聞きました)(ホッ!)

自転車も車もですが前方確認とよそ見は厳禁が鉄則ですね。

この後、9時、自己紹介をして、安全な走行を肝に銘じてスタートした。

004 ウェルダーさんのシェイクダウンのFELTdi2。

第一休憩所、下総大利根橋トイレ藤棚の休憩。

005 momoさんのバイクフライデーのリカ。

009  007 木陰のあるルートや田んぼルートを使い境のふれあいの里で第二休憩まで。

011 ここの手前にある乗馬施設でポニーとお馬さん。

012 013 014

016 015_2 ふれあいの里の多数ある伝声管。どこに伝わっているのかは根気よく探すしかない。(数人で)

ここから5kmくらいで着いてしまうと、「デンチュウさん」。

019 022 城址公園のそば処「智姫」に着いたのが11時。(28km)

こんなに早い昼食も久しぶりだとデンチュウさんが言うが、着いてしまえば食べるしかない(笑)

021ss もりそば600円

ここの「智姫」(ともひめ)の名に伝説があるようです。(後で調べてください)

食べた後は逆井城址公園の中をのんびり探索。

023 024 025 関宿城の門をここに移籍したとか、etc。皆さん探索中。

私は疲れているのでベンチで休憩。(笑)

026 027_2  西仁連川沿いを南に走り、新東京GC経由で、下総利根大橋で休憩。

029 遠ざかる皆様(泣)

ここで、私は力尽き皆さんに先に行ってもらい、のんびりとマイペースで帰ることが出来ました。(楽)

030_2 おまけ、関宿グライダーと雲

帰宅まで、皆さんに待って頂きありがとうございました。m(_ _)m

走行61km

CR

堤防の草も刈られたとのことで、久しぶりに、CRを走りお城まで。

お城では常連さんとしばしおしゃべり。

10時40分に帰りに着いたが、CR上はだんだん暑くなり途中で一般道におりて帰った。

午後からの雷は凄かった。thundertyphoon

走行35km

庄内古川?

最近、大落し古利根川を走っているが、その手前に旧庄和町と春日部の間を流れる川を、私たちは庄内古川と言っている。

でも、通称は幸手から流れる中川と大落し古利根川との合流でまた中川となっている。

そこで調べました。詳しくは①ここと②ここ。なるほど(笑)

②はいつも走っているところだったので、急に興味がわき、水神様のある石碑を探しに行ってみました。

説明も理解せず見つけましたが、見つかりませんでした。

野田橋付近に出て雨が降ってきて、帰ろうと思ったところ、堤防下に石碑があった。行ったところ目的の石碑、

「野田橋(江戸川)の右岸橋詰から、200m上流付近にあるのが、砥根河重蔬碑(とねがわじゅうそひ、 松伏町指定有形文化財)。享保十三年(1728 」 だった。(ラッキー)

002 001 ←その画像。記事には河童石(水神)となってます。でも、何に見えますか?。

しかし、その後土砂降りとなり帰りました。

河川や用水路を走っていると水門や堰に出会いことが多いですが、今まで田畑の用水や、灌漑のことを大変苦労していたことが分りました。

これからは、こう言う歴史を楽しみながらのんびりと走ってみたいと思います。

走行14km

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ